ロヨラ大学によると、平均的な生後1か月の赤ちゃんは、週に4回入浴し、3回シャンプーされます。市販のベビースキンケア製品には、敏感肌を乾燥させ、乳児や幼児に発疹を引き起こすことが多い化学物質、香料、洗剤が含まれています。その結果、より多くの製品が適用され、大切な赤ちゃんの肌にさらに水分を補給する効果があります。ベビースキンケアへの自然なアプローチのために、生まれたばかりの赤ちゃんは温水でたまに風呂に入るだけでよく、石鹸やシャンプーは必要ありません。乳痂、おむつかぶれ、または赤ちゃんの皮膚の発疹を治療している場合は、天然のベビースキンケア製品のみを使用してください。 赤ちゃんの肌と頭皮を有機的に緩和し、肌を乾燥させないナチュラルプロダクツで赤ちゃんの肌の世話をすることをお勧めします。ベビースキンケア製品のpHは5.5で、ラウリル硫酸ナトリウム、石鹸剤、香料を含まないようにする必要があります。 新生児の75%以上が、出生後1か月以内におむつかぶれを起こします。おむつかぶれは、おむつかぶれを交換したり洗ったりしたときに完全に洗い流されないバクテリアや洗剤の残留物が原因で最も一般的に発生します。赤ちゃんの敏感肌を清潔に保ち、水分を十分に補給することが重要です。おむつかぶれが発生した場合は、自然なスキンケア製品を使用し、赤ちゃんのおむつかぶれや皮膚の発疹の自然な治療が不可欠であると感じています。 皮膚の発疹やおむつかぶれの標準的な治療法はコルチゾンクリームです。幸いなことに、一部の小児科医は、純粋に美容上の理由から、そのような強力なステロイドを使用しないことを好みます。ピュアオーガニックアロエベラをお試しください。赤ちゃんの敏感肌に栄養を与え、潤いを与え、保護します。有機アロエベラは、香り、色、SLS、ゲル化剤を加えることなく、最も敏感な肌をやさしく水分補給します。おむつ/おむつを交換するたびに適用し、こすらないでください。数分乾かします。ローションは自然に吸収され、多くの愛されているおむつの自由な時間を可能にします。おむつ/おむつを交換するたびに、おむつ部分をきれいな水で洗い、アロエベラローションを塗る前に軽くたたいて乾かすことをお勧めします。パウダーベースがなければ、このベビースキンケアトリートメントは吸入の心配がありません。赤ちゃんの敏感肌を保護するためにバリアクリームを塗ってください。天然のベビースキンケアバリアクリームは、さらなる脱水症状を防ぎ、赤ちゃんのおむつかぶれや皮膚の発疹を寄せ付けないようにします。おむつ/おむつを交換するたびに適用します。 アロエベラのpH係数は肌のpHに非常に近く、肌を自然なpHに戻すのに役立ちます。アロエベラに自然に含まれている6つの消毒剤は、おむつかぶれ、赤ちゃんの皮膚の発疹、炎症、炎症を起こした皮膚を落ち着かせ、さらなる感染の可能性を減らします。アロエベラは、抗炎症性脂肪酸を含む、穏やかな麻酔薬、抗菌薬、抗真菌薬です。これらの成分は、かゆみ、腫れ、赤み、痛みを和らげるのに役立つことが示されています。アロエベラは、天然の保湿剤、無香料、オイルフリーで、赤ちゃんのスキンケア製品や、乳痂、おむつかぶれ、その他の赤ちゃんの皮膚の発疹の治療に最適です。 乳痂は、頭皮に、時には赤ちゃんの眉毛に形成される、厚く、黄色がかった、無愛想な発疹です。乳痂は、新生児の皮膚、幼児の頭皮に見られます。また、乳痂がまだ未就学児に見られる場合は、乳痂が見られます。乳痂は危険ではなく、見苦しいだけです。乳幼児の乳痂は、部分的に石油の過剰生産が原因です。過酷な洗剤がベビーケア製品に使用され、毎日使用される場合、これらのいわゆる「穏やかな」ベビーケア製品の乾燥効果に対抗するために、体の天然油の生成が刺激されることをお勧めします。代わりに、アロエベラ製品を肌に直接塗布します。一度に細かいミストをかけますが、定期的に塗布して乳痂の皮を柔らかくし、入浴後、タオルまたは柔らかいヘアブラシで軽くこすって乳痂の皮を取り除きます。いくつかの試行が必要になる場合があります。

Leave a Reply