教育ローンの審査は厳しいから誰でもは通らない?

教育ローンを知っていますか?教育ローンとは用途を教育関係の費用に限定したローンです。 受験を控えた学生の親御さんなどが学費の入学金のためにローンを組む場合が多いようです。 義務教育以上の学費や私立の小・中学校なども利用対象となります。

教育ローンの融資を実施している金融機関は銀行やノンバンクが取り扱っています。

事前に確認しておきたい点として、融資先によっては、保育園の費用や習い事には教育ローンが適用されない事があります。 銀行の教育ローンであれば通常、低金利な商品が多いのが一般的です。 ノンバンクのローンよりも融資金額も大きくローンの返済期間も長いため、支払に追われることなく余裕を持って返済することができます。

最近ではネット銀行も広く普及していますのでWeb上で手続きが完了する銀行が多くなってきて利便性も向上しています。 銀行口座を持っていなくても申し込み可能なローンもありますが口座を所持していると優遇金利を受けられるという銀行が多いです。

また、給与振込や住宅ローン利用でもその銀行を利用していれば金利が低くなる銀行もあります。 教育ローンを比較したい時はランキングサイトを利用すると効率的に比較することができます。

わざわざ銀行へ出向いたりを回ったり資料請求する必要もありません。 金利や借入可能額など比較したい情報は一覧表になっているため、比較も簡単です。 表の中には、来店する必要の有無やローンのお勧めポイントなどが掲載されていることもあります。

ランキングサイトから銀行のリンクが貼られていることが多いのでとても便利です。 教育ローンの金利を説明します。

教育ローンの金利は借入する金融機関によって大幅に差があります。 金利が低いところでは1%台からあるのですが、金利の高いところでは10%近いところもあります。

銀行の教育ローンの場合は口座を作ることで優遇金利が適用される場合があります。 また、金利には2種類あり固定金利と変動金利の2種類に分かれます。

近頃は低金利の時代ですので固定金利の方がリスクが少ないと言われています。

労働金庫(略称:ろうきん)は会員が出資し会員同士助けあうことを目的とする非営利団体です。 銀行やノンバンクといった営利目的ではないので金利は2から3%程度になっています。

限度額は1000万円から2000万円となっており返済期間は15から20年と長期にわたるのが特徴です。 ろうきん会員以外の方でも借りることはできますが労働組合や生協組合などの会員であれば優遇金利が適用されることが多いです。

ろうきんの特色として地方の労金の場合は入学金や学費以外に仕送り代なども認められている点が面白いですね。

外国人や留学生は教育ローン審査厳しいのか

教育ローンの返済方法について紹介します。

教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月から始まります。

利息は通常、借りた日の翌日から発生することになりますが、埼玉りそな銀行などは在学中は利息のみでOKとしています。

教育ローンの返済期間についてですが医療系の就学費用などで最長20年というものがあります。 しかし、返済期間が長引けば長引くほど返済金額はどんどん大きくなりますので注意しなければいけません。 教育ローンと言っても借金に変わりないので返済シミュレーションを必ず行い、返済プランをきちんと立てることが大切です。

国の方であっても、日本で学校に行きたいとか、資格を取得したい人の中には教育ローンを検討しているという人もいるかもしれません。

レイクアルサは外国人でも融資を受け付けていますが、教育ローンについてはどうなのでしょうか?

外国人だから融資ができないという教育ローンと言うのは実はほとんどありません。

ただ準備する書類が多くなったり、永住権の問題など、普通の日本人の人の審査にプラスして項目が増えるという場合があるようです。

参考:教育ローン外国人や留学生でも借りれる?【審査基準は?】

教育ローンを提供している金融機関は銀行をはじめノンバンクなど数多くあります。 その中で1番おすすめしたいのは国の教育ローンという国で融資してくれるローンです。 最高融資額が350万円と少なめですが、年利はわずか1.76%で固定金利なので安心ですね。 融資の使途は大学や高校のほか専門学校や短大、各種学校などにも幅広く対応しています。

融資の使い道も入学金や授業料にとどまらず学校納付金はもちろんのこと、在学のため必要となる住居費用の支払も認められています。

低い金利として有名な教育ローンと言えば教育一般貸付(国の教育ローン)です。 年1.76%という低金利なので銀行やノンバンクのローンよりもかなり安いです。

通常銀行で3から5%、信販系で5から10%になるので国のローンが群を抜いて低金利であると言えます。 学費以外に在学のために必要となる住居費用や修学旅行費用など色々な教育資金に利用することができます。

ただし、国の教育ローンは世帯年収の上限額が決まっており、融資の対象となるのは高校や大学を目指す中学校卒業以上の子供になります。 奨学と教育ローンの違いは何でしょう?教育ローンと奨学金は学問のために借りるお金と言う点では共通ですがそれぞれ似て非なるものです。

借りやすい教育ローンは保護者が借主となりますが奨学金というのは学生本人に対して貸し付けられます。 みずほ銀行カードローンや三菱UFJ銀行で教育ローンを借りている人も多いですね。

借り方についても2つのローンには違いがあり、教育ローンは一括で振り込まれますが奨学金は毎月一定額が振り込まれるというものです。

利息についても違いがあり、教育ローンは借りた日の翌日から発生するのに対し、奨学金は在学中には利息がつきません。

返済開始の時期についてですが、教育ローンは借りた翌月から始まるのですが、奨学金は卒業後からの返済となります。 アルバイトしながら大学などを目指すという方でも収入さえあれば教育ローンを申請することは可能です。

但し、ローンが組める人は20歳以上の成人でないと融資を受けることはできません。

ローンを契約するにあたり、安定した収入が必須となっている金融機関も多いので勤続年数は2年以上は必要と言われています。

返済能力も重要なポイントなので最低でも200万円以上の収入ないと厳しいかもしれません。 いずれにせよ、学生自身が借主というのはあまりないことなので奨学金を申請した方が近道だと思います。

グレーゾーン
金利について

Copyright (C) レイクALSAとレイクの違いとは?